浮腫みとだるさを軽減させる食べ物とは?

アルコールを飲み過ぎた翌日や仕事でお疲れの夜など、顔や足がパンパンに浮腫んでしまうことがありますよね。
体が浮腫む原因は体内のリンパの流れが滞り、溜まった老廃物や水分が上手く排出できずに蓄積して起こる症状です。

 

また長時間同じ姿勢を続けたり、運動不足で筋力が低下している場合などは慢性的な浮腫みのお悩みを抱えているといえます。
さらに塩分の多い食生活をしていると、体が水分を溜め込もうと更に浮腫むという悪循環が生まれます。

 

カリウムなどの栄養素が豊富な食材がおすすめ!

こんな厄介な浮腫みやだるさ症状を軽減させるには、どのような食べ物が良いのでしょうか。積極的に食べたいのはカリウムなどの栄養素が豊富な食材です。
海藻類やナッツ類・豆類やイモなどにはカリウムが豊富に含まれているので体内の水分代謝を促す作用があります。

 

またスイカやきゅうりなどに含まれるサポニンという成分は、利用作用が高いことで知られています。ポリフェノールにはその高い抗酸化作用で血液をサラサラにする効能があるといいます。
ブルーベリーや大豆・生姜やココアにはポリフェノールが豊富なので、浮腫みやすい体内のバランスを整える働きに期待ができます。これらの食べ物を積極的に摂り塩分の少なめの食生活を意識することで、スッキリとデトックスされたボディに近付くことができます。