むくみや冷え性が妊活に影響する理由について

妊娠したいけどなかなか妊娠できないという妊活中の人は多くいると思われます。その原因は冷え性やむくみなどかもしれないのです。
なぜ冷え性やむくみが妊活に影響するかについて理由を解説します。
冷えは自律神経が乱れることによって起こります。自律神経の乱れによって体温調節が上手くいかず手足の末端が冷たくなってしまうだけではなく、血行も悪くなってしまい子宮の働きが弱くなり不妊を招く原因となってしまうのです。
また、女性は皮下脂肪が多いため男性と比べて熱を通しにくく、筋肉が少ないため熱を作り出しにくいともいわれています。
この冷えを改善するためには、生活習慣を見直して体温を上げていくことが大切です。
妊娠しやすい体を作るためには、血流の流れを良くしていく必要があります。簡単に血流を良くする方法としては、朝ご飯をしっかり食べることです。
お粥やスープを少しでも朝に食べることで体温が上がり内臓機能を高めることができます。
また、根本から改善するためには身体の中に取り入れる食べ物を改善することも大切で、栄養バランスの取れた体を温める食材を積極的に摂る、体を締め付けずに冷やさない温かい服を着る、ゆっくりお風呂に入る、体を動かして新陳代謝を上げる、サプリメントで足りない栄養を補助するなどが効果的になります。